振袖の柄

振袖万歳


振袖の柄


振袖は未婚の女性の第一礼装と言われています。着物の中では最も格が高いので、結婚式や成人式などフォーマルな場にも相応しい装いです。とても華やかなので、振袖を着ているとその場が明るくなるような雰囲気もあります。
振袖の柄の種類は多く、古典的な柄を始めとして現代風のモダンなものまで豊富に揃っています。女性らしさが感じられる柄といえば、花をモチーフにした文様があります。例えば桜はとても人気の高い柄で、振袖の定番となっています。ピンクの可愛らしい色は、優しいながらも華やかさが感じられるデザインです。一口に桜といっても、しだれ桜や夜桜などその表現方法のバリエーションは幅広くなっています。現代風の要素を着物に取り入れたデザインには、バラなど洋風の花をモチーフにしたものもあります。それから牡丹・藤・撫子・萩・菊・椿といった柄も人気です。花をモチーフにした文様は、季節感が感じられるのが魅力といえます。牡丹や藤は春の花ですし、撫子は夏の季節に咲く花です。萩や菊は秋の花で、椿は冬を代表する花になります。そのため花をモチーフにした柄を選ぶ際には、着用する季節に合わせるとより柄が引き立ちます。
振袖の柄の種類には、非常に縁起の良い柄もあります。吉祥文様と呼ばれるもので、宝尽くし・龍・鶴亀・松竹梅などのことをいいます。松竹梅は日本古来から伝わる柄で、めでたさや吉兆を表しています。そのためお祝い事に相応しい柄として昔からお祝い事の席によく用いられてきました。鶴と亀も日本古来の柄で、「鶴は千年亀は万年」という言葉があるように長寿の象徴とされています。非常に縁起の良い柄なので、振袖にも用いられてきました。また、吉祥文様には中国由来のものもあります。宝尽くしは中国由来の柄になります。福を呼ぶとされている非常に縁起の良い柄です。龍も中国由来のもので、成功をおさめたり発展したりすることを表しています。
振袖の柄の種類にはその他にも蝶やクジャクなど鳥をモチーフにしているものもあります。蝶は古典的な柄ですが、モダンな柄にも用いられることが多いモチーフです。さなぎから蝶になって飛び立つ姿は吉兆の象徴とされており、繊細な美しさが感じられます。クジャクもおめでたい柄として有名で、江戸時代頃に人気になりました。富の象徴とされる鳥で、非常に豪華で艶やかな姿が見る者を圧倒します。吉祥文様に用いられる鶴も非常におめでたい柄として人気があります。