成人式の成り立ち

振袖万歳


成人式の成り立ち


成人式とは古くは奈良時代以降、数え年で12歳から16歳の男子が行った元服の儀式が成人式の大元だと言われています。当初は一種の通過儀礼のような意味合いが強いものでした。髪を子供の髪型から大人の髪型に結って、着る服装も大人のものへと改める儀式でした。幼名から新しい名前に切り替えたり、冠をかぶったりもしました。江戸時代に入り、貴族のみが儀式を継承し、そのほかの人々は簡略化した儀式を行っていました。
女子の場合は公家の女子が行っていた裳着が成人式の大元だと言われています。数え年で12歳から16歳で裳という腰から下にまとう衣服を身につける儀式として行われました。結婚が決まったり、決まりそうなタイミングで行われ、同時に垂らしていた髪を結いあげる髪上げで子供の髪から大人の髪型へと変わりました。
現在の成人式が行われるようになったのは戦後のことです。地域の新成人が集まって行われる成人式の発祥は1946年の埼玉県の蕨市で開催された青年祭だと言われています。それが全国に広まって、1949年の1月15日が「成人の日」と制定されました。1月15日に定められたのは元服の儀が新年最初の満月の日に行う風習に由来していますが、旧暦での話なので現代では満月とは限りません。
女子が振袖を着る理由としては、振袖が着物で未婚の若い女性の礼服となる服だからです。最も格式の高い冠婚葬祭の冠にあたる儀式である成人式で着る着物としてふさわしいのが振袖であるからです。